蜂蜜紅茶ティーバッグの魅力やおいしい淹れ方とアレンジレシピ

:2022/06/02

蜂蜜 紅茶 ティーバッグ

お湯を注げばすぐに楽しめる紅茶のティーバッグ。
甘さやプラスアルファを期待するなら、蜂蜜紅茶がとてもおすすめです。

この記事では、蜂蜜紅茶ティーバッグの魅力や選び方のポイント、そしておすすめの蜂蜜紅茶ティーバッグ商品をご案内します。
また、蜂蜜紅茶ティーバッグのおいしい淹れ方やコツとアレンジ方法についても触れていますのでぜひご覧ください。

蜂蜜紅茶ティーバッグの魅力

茶葉から好きな抽出方法で楽しむ紅茶は特別なひとときですが、たまには簡単に済ませたい時もありますよね。
もしも1日に紅茶を飲みたい時が何回もあるなら、簡単に抽出できるティーバッグはとても便利です。

さらに、その紅茶に甘さや健康効果を期待するなら、蜂蜜紅茶はとてもおすすめです。
それではなぜ蜂蜜紅茶、そしてティーバッグがおすすめなのか、その魅力についていくつかご紹介します。

健康効果が期待できる

蜂蜜紅茶は、蜂蜜と紅茶の相乗効果でさまざまな効能があると言われています。
例えば、疲労回復や美容効果、殺菌や抗菌作用などの効能が期待できます。

お湯があれば楽しめる

カップにお湯を注ぎ、蜂蜜紅茶ティーバッグを入れたら、あとは好きな抽出時間まで待てばすぐに楽しめます。

持ち運びに便利

個別包装の蜂蜜紅茶ティーバッグなら、オフィスやアウトドアシーンなど外出先に持ち運べます。

洗い物が減る

茶葉で淹れる蜂蜜紅茶は、ティーポットの他に茶こしなどを洗う必要があります。しかし蜂蜜紅茶ティーバッグならその必要はありません。

蜂蜜紅茶ティーバッグを選ぶ3つのポイント

市販されている蜂蜜紅茶ティーバッグは、使われている茶葉や蜂蜜の種類などはさまざまです。
そのため、どのようなティーバッグを選べば良いのかは悩みどころの一つです。
そこで蜂蜜紅茶ティーバッグを選ぶ時に便利なおすすめの3つのポイントをまとめました。ご購入の際の参考としてご覧ください。

ポイント1.好きな茶葉を選ぶ

蜂蜜紅茶のティーバッグに使用されている茶葉は、メーカーによって異なります。
お好きな香りや味の茶葉で作られた蜂蜜紅茶ティーバッグなら、満足すること間違いなしです。

ポイント2.こだわりの原材料で選ぶ

健康や美容のために蜂蜜紅茶ティーバッグを選ぶなら、原材料の産地で選ぶ、またはオーガニック素材で選ぶと良いでしょう。

ポイント3.パッケージで選ぶ

この方法は蜂蜜紅茶ティーバッグの味や香りには直接関係ありません。
しかし、見た目にテンションの上がるパッケージはおいしく感じるものです。
パッケージにインスピレーションを受けて選択する方法も、選び方の一つとしてはおすすめです。

おすすめの蜂蜜紅茶ティーバッグ

今回は蜂蜜紅茶ティーバッグの中でも、おいしさで人気の商品をご紹介します。

Lakshimi(ラクシュミー):「極上はちみつ紅茶」

大手通販サイトで大人気の他、高級ホテルや百貨店での取り扱いの多い蜂蜜紅茶です。
紅茶ソムリエが厳選した茶葉にスペイン産の上質な蜂蜜を使用した贅沢なティーバッグです。この他にも蜂蜜入りのカモミールティーなどもラインアップされています。

TEARTH(ティーアース):「はちみつ紅茶」

スリランカ産のセイロン茶と蜂蜜パウダーをブレンドした、香り高い紅茶です。
現地で手摘み、加工された高品質の茶葉と蜂蜜の組み合わせを楽しめます。

TYAZEN:「濃厚蜂蜜紅茶」

世界三大銘茶の一つと言われるスリランカ産のウバと日本産の蜂蜜を使用した芳醇な香りとコク、渋みのバランスが絶妙な蜂蜜紅茶です。
レモンや生姜を入れて、またはミルクティーで楽しむ方法もおすすめです。

日東紅茶:「ほっとはちみつ紅茶」

インドネシア産の紅茶と粉末蜂蜜を練り込んだ顆粒が配合された蜂蜜紅茶です。
密封個別包装なので、自宅の他、外出先でもすぐに蜂蜜紅茶が楽しめます。

宇治田原製茶場:「缶入りはちみつ和紅茶ティーバッグ」

おしゃれな花柄の缶入りの和紅茶を使った蜂蜜紅茶です。
はちみつパウダーの上品な甘味と和紅茶の味わいが楽しめます。

森半:「しあわせのはちみつ紅茶」

かわいいみつばちのイラストが目を引くパッケージの蜂蜜紅茶です。
スリランカやインドなどの厳選した茶葉に蜂蜜顆粒の組み合わせで優しい甘さの紅茶が味わえます。
個別包装されているので、ちょっとしたプレゼントにも向いています。

蜂蜜紅茶ティーバッグのおいしい淹れ方とコツ

お好きな蜂蜜紅茶ティーバッグでおいしい紅茶を楽しみましょう。そのためにはティーバッグで抽出する時にちょっとしたコツが必要です。

抽出方法

  1. ティーカップをお湯で温め、温め終わったらお湯を捨てます
  2. 熱湯をティーカップに注ぎ、ティーバッグをそっと入れてフタをします
  3. 3分ほど蒸らし、ティーバッグを取り除けば完成です

蜂蜜紅茶のティーバッグをおいしく淹れるコツは蒸らしです。
この蒸らし時間によって、蜂蜜紅茶の濃さや香りが変わります。
また、ティーカップの大きさにより入れるお湯の量と抽出時間は調整しましょう。

紅茶のティーバッグで蜂蜜紅茶を作る

上記の淹れ方は、ストレートティーなど他のティーバッグの抽出方法と同じです。
もしもストレートティーに蜂蜜を後で加えるなら、最後に蜂蜜を入れると良いでしょう。

ただし、お使いの蜂蜜と紅茶の組み合わせによっては、出来上がりの紅茶が黒くなる可能性があります。
この色の変化は蜂蜜の成分に含まれる鉄分と紅茶のタンニンが反応したもので、体には影響がありません。
しかし、飲む時に色が気になるなら、レモンを入れたり、ミルクティーにすると気にならなくなります。

アレンジで楽しむ蜂蜜紅茶ティーバッグ

抽出した蜂蜜紅茶をいつもとは違うアレンジ紅茶で楽しんでみませんか?
アレンジの仕方はとても簡単、お好きな食材などをちょい足しするだけです。

フルーツで楽しむ

レモンやオレンジなどの他、りんごや季節のフルーツを加えると簡単にフルーツティーが出来上がります。また、ジャムや缶詰フルーツもおすすめです。

ミルクで楽しむ

ミルクティーを楽しむなら濃いめに淹れた蜂蜜紅茶にミルクを加える方法が簡単です。また、鍋に入れたミルクを温め、そのミルクで蜂蜜紅茶を抽出する方法もおすすめです。

ハーブで楽しむ

ミントやレモングラスなどを加えると、爽やかな蜂蜜紅茶が楽しめます。

アイスで楽しむ

濃いめに抽出した蜂蜜紅茶を、氷を敷き詰めたポットに注ぎ粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。また、製氷皿などで濃いめに抽出した紅茶を凍らせ、ミルクの中に入れるとアイスミルクティーが楽しめます。

蜂蜜紅茶ティーバッグを使ったレシピ

蜂蜜紅茶の味を飲む以外で味わうなら、ティーバッグを使ったアレンジレシピはいかがですか?

茶葉を使う

蜂蜜紅茶のティーバッグから茶葉を取り出します。
取り出した茶葉をシフォンケーキやクッキーに混ぜて焼くと、蜂蜜と紅茶の香りのお菓子が出来上がります。
この他にもスコーンやパウンドケーキ、パンなどにも使えます。

抽出した紅茶を使う

紅茶を淹れ、ゼラチンや砂糖を加えて冷蔵庫で冷やすと、紅茶ゼリーが楽しめます。また、蜂蜜紅茶でミルクティーを作り、生クリームや卵を加えたアイスクリームもおすすめです。

蜂蜜紅茶をプレゼントするなら

紅茶好きな方へ蜂蜜紅茶をプレゼントするなら、パッケージやこだわりの茶葉を使用したティーバッグが喜ばれます。

例えばミントンの「紅茶・ハチミツセット」は4種の紅茶に2種類の蜂蜜のセットです。
紅茶と蜂蜜が別々なので、お好みに合わせた紅茶を楽しめます。

また、紅茶専門店のロプチューの紅茶は、茶葉のこだわりの他、おしゃれなパッケージが人気です。
残念ならがロプチューには蜂蜜紅茶のティーバッグはありません。
しかし、紅茶に合う砂糖やシナモンなどをセットで贈ると喜ばれますよ。

こちらも合わせてご覧ください。

同じタグが付いた記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。