生姜ミルクティーで体を温めよう-効果や基本の作り方と飲み方

:2022/05/27

生姜のスパイスとまったりとしたミルクティーを合わせて作る生姜ミルクティーは相性がとても良く美味しいだけでなく、冷え性の改善などいろいろな効果が期待できます。

この記事ではそんな生姜ミルクティーに期待できる効果や生姜ミルクティーを作るのにおすすめの茶葉、生姜チューブなら簡単に作れることについてをご紹介します。

おすすめの作り方や飲み方もご紹介するのでぜひ参考にし生姜ミルクティーを楽しみましょう。

生姜ミルクティーに期待できる効果

生姜ミルクティーは、紅茶と生姜と牛乳を合わせて作ったもので、ピリッとした生姜のスパイスと牛乳のまろやかなおいしさが加わった紅茶です。

生姜ミルクティーを飲むことで期待できる効果には、冷え性の改善、殺菌作用、免疫力の向上、血行促進、ダイエット効果、むくみ解消、美肌効果、老化を防ぐ、利尿作用などがあります。

生姜ミルクティーを飲むことで多くの方に期待される効果が冷え性の改善です。生姜の効果は即効性が高いので、生姜ミルクティーを飲んでしばらくすると体がぽかぽかしてきたと感じる方も多いと思います。

体が冷えて寝る前に飲みたいという方もいらっしゃると思いますが、紅茶にはカフェインが含まれているので、眠りにつけなくなるという場合もあります。飲む時間に気をつけましょう。

生姜ミルクティーに合う茶葉

紅茶の茶葉にはいろいろな種類があり、生姜ミルクティーを作るときは牛乳の風味に負けないような茶葉を使うのがおすすめです。

一番のおすすめは「アッサム」です。ミルクティーの定番とも言える茶葉で、深みとコクと甘みがあり、香り高いのでミルクとの相性が抜群です。香り高いミルクティーが楽しめます。

次におすすめなのが「ディンブラ」です。ディンブラは香りやコクなどのバランスがよく日本人に好まれやすい紅茶です。コクも渋みもほどよいので、ミルクティーだけでなくストレートでも楽しむことができます。

その他にも、しっかりとした渋みとコクがあり香りが華やかな「ウバ」や、渋みが少なく独特なスモーキーな香りが楽しめる世界三大銘茶の中国の紅茶「キームン」などもおすすめです。

同じ生姜ミルクティーでも茶葉を変えることでいろいろな味わいを楽しむことができるので、いろいろ挑戦し自分好みの茶葉を見つけるのもおすすめです。

生姜チューブなら簡単に作れる

生姜ミルクティーを作るのに生姜を使いますが、生姜には生生姜、生姜チューブ、生姜パウダーなどがあります。

生姜チューブを使えば切ったりすったりせずに、そのまま使えるのでとても簡単に生姜ミルクティーが作れます。

ですが、生姜チューブは保存がきくように保存料などが含まれていて生生姜に比べると効果は薄くなります。より効果を期待するなら生の生姜を使うのが一番です。

また、生の生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれていて、加熱したり乾燥させることで「ショウガオール」「ジンゲロン」へと変化し、冷え性の改善に役立ちます。

生姜パウダーなど加工されたものはそのまま使っても問題ありませんが、すりおろし生姜を使う場合は熱い紅茶に入れるなど熱が加わるように使用するのがおすすめです。

生姜ミルクティーの作り方

生姜ミルクティーは紅茶に牛乳と生姜を加えて作るので簡単に作れます。基本の作り方をご紹介します。

  1. 生姜を切る
    生姜をよく洗いスライスして2切れ作ります。
  2. 紅茶を作る
    100mlほどのお湯を沸かしその中に紅茶ティーバッグ2~3個と生姜をいれて2分ほど煮ます。
  3. 牛乳を入れる
    牛乳400mlを加えて沸騰させないように温めます。
  4. 砂糖やはちみつを入れる
    お好みで砂糖やはちみつを加えて甘みをつけたら完成です。

※はちみつは乳児ボツリヌス症にかかる場合があるので、1歳未満の乳児には与えないでください。

美味しく作るコツは、先にしっかりと濃い紅茶を作ることです。紅茶は水に溶け出す性質があり、脂肪分の多い牛乳には溶け出しにくいです。
牛乳を加えたあとで濃い紅茶を作ろうと思っても思ったように溶け出さず紅茶の風味が楽しめなくなってしまうこともあります。
手順を飛ばさず先にしっかりと濃い紅茶を作り、その後に牛乳を追加することが大切です。
また、生姜チューブを使う場合は牛乳を入れミルクティーを作ったあとに、小さじ2分の1を入れ混ぜましょう。

生姜ミルクティーの飲み方

最後に生姜ミルクティーの飲み方についてご説明します。生姜ミルクティーには体に嬉しい効果がたくさん期待できるのでたくさん飲めばいいのではと思う方もいらっしゃると思いますが、体によいものでもとりすぎることはおすすめできません。

とくに生姜ミルクティーは上でも説明したようにカフェインが含まれています。カフェインはとりすぎるとカフェイン中毒を引き起こす恐れもあります。

1日3~4杯程度を目安とし飲みすぎないようにすることが大切です。

また、飲むタイミングにも注意が必要でカフェインによって眠りにつけないということがないよう注意する必要があります。

生姜ミルクティーの効果は約3時間は持続すると言われています。寝る直前に飲むのではなく少し早めに飲むなどし調整するのがおすすめです。

ダイエット効果を期待するのであれば消化を促進させるために食前に飲むのがおすすめですし、入浴前に飲めば発汗作用を高めてデトックス効果を得ることもできます

生姜ミルクティーの正しい飲み方というものはありません。自分の生活に合わせて生姜ミルクティーを取り入れてみましょう。

こちらも合わせてご覧ください。

同じタグが付いた記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。