紅茶ラテとミルクティーの違いについて特徴を詳しく説明

:2022/06/07

紅茶 ラテ ミルクティー 違い

ミルクが入った紅茶はまろやかなミルクと香り高い紅茶がよく合いとてもおいしいものですが、紅茶ラテやミルクティーなど呼び方が違うことがあります。
なぜ呼び方が違うのかご存じですか?

紅茶ラテやミルクティーのほかにもロイヤルミルクティーやモカやオレなどいろいろな言い方がありどんな違いがあるのかわからない人も多いと思います。

そこでこの記事では、紅茶ラテとミルクティーの違いやミルクティーとロイヤルミルクティーの違い、ラテ、オレ、モカ、カプチーノの違いをご紹介します。

和紅茶と紅茶の違いやミルクティーにおすすめの紅茶もご紹介するのでぜひ参考にしてください。

紅茶ラテとミルクティーの違いとは

紅茶ラテとミルクティーは同じ紅茶とミルクで作られていますが、呼び方が違うのはなぜなのか知っていますか?

一般的に紅茶ラテは、茶葉に圧をかけて濃い紅茶を抽出しそこにミルクを注いで作ったものをいいます。

ミルクティーは、ストレートの紅茶を入れ後からミルクを少し入れたものを言います。

同じ紅茶とミルクを使っていても、ミルクの量が違いますし紅茶の濃さも違います。
ミルクティーはストレートの紅茶を入れてミルクを少しいれるだけなので自宅でも簡単に作れますが、紅茶ラテは濃い紅茶の抽出が必要なので手間がかかります。

人気コーヒーチェーン店のスタバでも「ティーラテ」の取り扱いがあり、スチームミルクとフォームミルクで仕上げています。
本格的なラテが楽しみたい場合は専門店の紅茶ラテを楽しむのもおすすめです。

ミルクティーとロイヤルミルクティーは作り方に違いがある

同じミルクティーでもロイヤルミルクティーという呼び方を聞いたことがある方も多いと思います。
ミルクティーとロイヤルミルクティーにはどんな違いがあるのでしょうか。

ミルクティーは上でも説明したように、ストレートの紅茶をいれ後からミルクを少し加えたものを言います。

正確な定義はありませんが一般的にロイヤルミルクティーは、紅茶を少量のお湯で煮出した後ミルクを足してしばらく煮出したものを言います。

ミルクティーに比べるとミルクをいれる量が多いですし、ミルクの中でもさらに煮出すことによって、濃厚で深みのある味わいになります。

今さら聞けないラテ、オレ、モカ、カプチーノの違い

紅茶にはラテやオレなど呼び方が違うものがありますが、基本はコーヒーの入れ方と同じです。ミルクをいれることは同じなのに何が違うのか知っておきましょう。

ラテ

ラテは上でも説明したように、茶葉に圧をかけて濃いめに抽出した紅茶にミルクを足したものです。
オレよりもミルクの量が多く、凝縮された紅茶が使われているので濃厚で香りもしっかりあるのが特徴です。

オレ

オレは濃いめに普通に入れた紅茶にミルクを1対1の割合で足したものを言います。
ミルクティーよりもミルクの量が多いのが特徴です。

モカ

モカはラテのように濃いめに抽出した紅茶にミルクとチョコレートシロップを加えて作ります。
ミルクだけでなくチョコレートを追加するので甘みが強いのが特徴です。

カプチーノ

カプチーノはラテと同じように茶葉に圧をかけて濃いめに抽出した紅茶にミルクを入れて作ります。
ラテとはミルクの入れ方に違いがあり、カプチーノは温めたミルクと泡立てたミルクを入れます。
泡立てたミルクを入れることで上にミルクの泡の層ができるのが特徴です。

和紅茶と紅茶の違いについて

ここまで紅茶の入れ方の違いで呼び方が違うことについてをご紹介しましたが、ここからは紅茶の葉の違いについてを説明します。

紅茶の葉には和紅茶と呼ばれるものがあることをご存じでしょうか。
紅茶と言えば外国産の紅茶を思い浮かべる方も多いと思いますが、和紅茶は国産の紅茶です。
どんな違いがあるのでしょうか。

和紅茶

和紅茶は渋みが少なく香りが甘いのが特徴でまろやかな飲み心地の紅茶です。
優しい香りで味わいも柔らかいので、紅茶の渋みが苦手な方におすすめです。

外国産の紅茶

外国産と言ってもいろいろな種類がありますが、外国産の紅茶では世界三大紅茶のスリランカ、インド、中国産の紅茶が有名です。

外国産の紅茶は香りが強く渋みとコクがあるものが多く、砂糖やミルクなどをいれて飲むのがおすすめです。

ミルクティーに向いている紅茶

紅茶にはいろいろな種類の茶葉がありますが、ミルクティーを作るのに向いているのはどんな茶葉なのでしょうか。
最後にミルクティーを作るのにおすすめの茶葉を3つご紹介します。

アッサム

ミルクティーを作る定番の茶葉とも言えるアッサムは、濃厚なコクと甘みがあるのが特徴です。
香り高い紅茶なのでミルクと混ぜても香りが負けることなくおいしいミルクティーを作ることができます。

ディンブラ

ディンブラはコクと渋みと香りのバランスがよい紅茶です。
ストレートティーとしても楽しめる茶葉で、ミルクティーを作るなら茶葉を多めにして濃いめに入れるのがおすすめです。

ウバ

世界三大銘茶のウバは味が濃く渋みが強いのが特徴の紅茶です。
香り高くほどよくコクがあり、紅茶の香りがしっかりしているのでミルクを入れてもおいしくいただけます。

こちらも合わせてご覧ください。

同じタグが付いた記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。